夏が終わり 気になる「シミ・そばかす」 どうしよう!?

美容

夏が終わり 気になる「シミ・そばかす」 どうしよう!?

年齢を重ねて、しみやそばかすが目立ってきた…。昔はこんなことなかったのに…。 しみやそばかすが一つできるだけでも見た目年齢はぐっと上がります。 ほんの一部分ですがものすごく気になりますよね。

■ しみとそばかすの違いは?

しみとそばかすの違いは、形成される年齢が違いますが、どちらもメラニンによってできてしまうので形成の過程は同じです。

しみは、子供や思春期の頃にはあまり見られません。30代ぐらいになって気にする人が多いです。これは、年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーが上手くいかない事が原因です。

一方、そばかすは幼少期にできたり生まれつきある人が多いです。しみは遺伝ではありませんが、そばかすは遺伝で出来てしまう場合もあります。

また、遺伝でそばかすが出来やすい体質だったために、紫外線を少し浴びたらそばかすができてしまったという場合もあります。

しみとそばかすの違いはそれらができる年齢によって違いますが、どちらもメラニンの色素沈着が原因です。

そばかす

■ そばかすができる原因   子どもにできるそばかす

子どもにできる「そばかす」の原因は、ほとんどが両親からの遺伝によるものと考えられています。

「そばかす」自体が遺伝するのではなく、「そばかす」ができやすい色白の体質が遺伝すると言われています。

また、思春期にでき始め、思春期の終わり頃に自然と消える場合もあるようです。

ただし、思春期を過ぎても「そばかす」が消えない場合は、もう一つの「そばかす」タイプの可能性が高いです。

■ そばかすができる原因   大人になってできるそばかす

大人になってできる「そばかす」、または子どもの頃にできた「そばかす」が大人になっても消えない場合は、紫外線や生活習慣が原因だと考えられています。

● 紫外線とそばかすの関係

紫外線を浴びすぎると、「そばかす」はできやすくなります。

「そばかす」のもととなる、メラニン色素が多く生成されると、生成されたメラニン色素の排出が間に合わなくなり、蓄積されてしまうことがあるからです。

蓄積されたメラニン色素は、肌の奥にとどまります。そうなると、黒褐色の色素が定着し、「そばかす」となってあらわれます。

● 生活習慣とそばかすの関係

生活習慣によっても、「そばかす」ができやすくなります。

・肌の負担になるスキンケア

一般的には、間違った洗顔の仕方や、肌と合っていない化粧品を使用することも、「そばかす」の原因といわれています。

過度のピーリングなども肌に傷をつけてしまう可能性があるので気を付けましょう。

メラニン色素は、紫外線だけでなく摩擦や化粧品による刺激によっても生成されることがあるといわれています。

顔の皮膚は体の他の部分の皮膚より薄いので、とても敏感です。その分、きちんとお手入れをする必要があるのです。

・栄養不足

体内に取り込む栄養からも、肌は大きな影響を受けます。

特にビタミンCを十分に摂っていると、紫外線の影響を受けにくくなるといわれています。そのためビタミンCが不足すると、紫外線を浴びた時に「そばかす」ができやすくなる場合があります。

・精神的なストレス、疲労、睡眠不足

上記の原因が当てはまらない方は、ストレスや疲労が原因かもしれません。

マッサージでシミ・そばかすを撃退♡

しみ、そばかすを市販薬で消す方法とは?~老け顔を解消する~

簡単に自力で消すたった3つの方法

■ シミ そばかすを消す方法はある?

シミやそばかすができたときには、積極的にビタミン類を摂るようにしましょう。
ビタミンEやβ-カロテンには、活性酸素を除去するはたらきがあります。また、ビタミンEには肌や細胞の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進する作用もあります。ビタミンCは、黒く定着したメラニンを無色に変化させ、目立たなくさせる作用があります。
紫外線をできるだけ避け、新鮮や野菜や果物から、それが難しい場合はビタミン剤などのサプリメントでもかまいません。ビタミンをしっかりとって、気になるシミやそばかすを減らしていきましょう。また、シミそばかすができてから…ではなく、その前の予防はもっと大切です。できてしまったシミやそばかすをなくすことは難しいので、できる前に紫外線対策をしっかりし、ビタミンもたっぷり摂って、夏に向けてしっかり対策していきましょう。
シミ、そばかすは女性だけに限ったことではありません。男性も紫外線をたくさん浴び、メラニンが沈着することで皮膚の新陳代謝が阻害され、それがもとで大きな病気になることだってあります。「美容・美肌」のためだけでなく、健康を守るためにもしっかり対策するようにしましょう。
また、老化の原因とも言われる「活性酸素」。その活性酸素を多く生み出す食生活を送ってしまっているのかどうか…食生活における活性酸素の危険度チェックをしてみましょう。活性酸素の発生が多いと、それは肌トラブルだけでなく、生活習慣病などさまざまな病気の元になってしまいます。まずは自分の食生活に問題がないかどうか、チェックしてみましょう!

【ビタミン類の摂取】
肌のターンオーバーを正常化するにはビタミン類を摂取することが良いとされています。

①ビタミンE
老化の原因でもある活性酸素を除去したり、肌細胞の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進する作用があります。

②ビタミンC
黒く肌に定着してしまったメラニンを無色に変える働きがあります。

③βカロテン
活性酸素を除去します。

たくさん摂取したほうが早く消えるのか?というとそうではありません。摂取するのはあくまでも適量にしましょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンといってビタミンCなどの水溶性ビタミンと違い体外に排出されません。なので摂りすぎはまた新たな不調を生み出してしまうので適量を摂取しましょう。またビタミンCなどの水溶性ビタミンは一定量以上は体が吸収してくれなく、余分な分はすべておしっこと一緒に排出されてしまうので多くとっても意味がありません。

しみ

これ以上作らず、かつ減らすために

ちまたには、シミやそばかすを減らし、消すための化粧品が数多くあります。「美白化粧品」はそれだけで一つのジャンルになっている感じさえあります。皆さんどうしても、それらの化粧品を使ってシミ・そばかすを減らす、消すということに一生懸命になりがちです。

同様に大切なのは「これ以上作らないこと」。前述のようにシミやそばかすの出来やすさには個人差があり、がんばって対策をしてもやっぱりできてしまう、という場合もあるでしょう。ですが最善を尽くして、新たなシミをつくらないようにしましょう。

例えば「洗顔をしないで寝てしまうこともある」「夏のみ紫外線対策をしている」「野菜より肉が好き」「アウトドアの遊び、仕事が多い」「便秘がち」「ストレスフルな生活をしている」「生活が不規則」等々、思い当たるフシはありませんか。これらの生活習慣を改善することは、シミやそばかすに対してだけでなく、あらゆる美容・健康を形作る基礎となりますので、現状当てはまるという人は改善しましょう。

具体的な紫外線対策って

では、具体的に紫外線から素肌を守るには、どんな対策があるのでしょうか。日焼け止めのクリームを塗る、帽子・日傘等で日よけをするなどが、一般的な方法として知られているところです。これらが一番有効ですので、日差しのもとでは一年中、しっかりと行うようにしてください。

特に、日焼け止めクリームは紫外線の気になるときは一日に何度も塗り直すのがポイントです。手や顔、腕など気になる部分にたくさん塗ることができるよう、塗り心地のよいクリームがオススメです。

今のうちから、生活習慣から対策を

夜更かしや偏食、仕事のストレスなど、あらゆる生活習慣を見直してみましょう。30代を過ぎてからのシミやそばかすは、過去に日焼け止め対策を怠ったり、生活習慣が乱れていたりということが少なからず影響しています。

つまり、できてしまったシミ・そばかすは身体からのサインともとれます。「ストレスをためないでね」「食べものに気をつかってね」「ゆっくり休んでね」というメッセージとして受け止め、明日からの生活習慣改善に役立ててくださいね。

シミ・そばかすの改善は日頃の小さな積み重ねから。日々、努力を重ねていけば5年後、10年後の肌は確実に違ってきます。毎日日焼け止めクリームを丹念に塗り、紫外線をカットしてください。日傘や帽子で太陽の光から大事な素肌を守ってください。そうすることで、徐々に素肌がよみがえる喜びを実感できることでしょう。

その経過を楽しみ、より美しい自分を目指しましょう。そうすれば紫外線対策も楽しいものになりますよ。

知ってますか!!澄肌美白化粧水・美容液を中心とした 14日間お試しのトライアルキットがあるのを

くすみが気になる肌にも澄みきった透明感をあたえます。
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎ、
キメのととのった明るい印象の肌に!
肌あれを防ぎながら、美白有効成分が肌に浸透。
くすみが気になる肌にも透明感をあたえ、
明るい印象の肌にみちびきます。

私が試したのはこちらから

 ⇓ ⇓ ⇓

シミ・ソバカスを防ぐ!コーセー米肌

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!



タグ

月別アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で